フローズン・タイム

 

たまに映画を見るけど、記憶力がなくすぐに内容を忘れてしまうため

ここに感想を残しておくことにしました。

語彙力も文章力もないので、書くことでそういった力を鍛えられたらいいな。

 

フローズン・タイム

ショーン・エリス監督の映画だそうです。

 

彼女にフラれて不眠症になった主人公ベンが夜のスーパーで働くお話。

 

何週間も眠らず働くベンを見てすごく心配になった。

でも精神的には辛そうだったけど体力的には全然元気そうで

なんて丈夫なお体なんだろうと思った。

というか全然寝てないのにクマが全然出来てなくてすげえって思った。

 

どうやってベンが時間を止めてたのか最後まで分からなかったけど、

あのディオさんでさえ10秒程しか止められなかったのに

指をならすまで永遠とザ・ワールド出来るのは強すぎる。

ジョジョの世界だと最強なのでは。

 

そういえばサッカー?フットサル?の試合のシーンで時間止めたとき、

動いたあのフード被った人は誰やったんでしょうかね。

試合中のシーン、この映画の中で一番好きです。

店長とアルバイト仲間が一丸となって1点を取りに行く所が特に。

(結局ボールがゴールの縁に当たって点取れてなかったし、店長の顔面えらいことになってたけど。)

 

長いこと不眠症に悩まされ続けたベンはアルバイト仲間の紅一点シャロン

キスすることによってやっと眠りにつくことが出来たんだけど、恋の力ってすごいね。

失恋で患った病は新しい恋でしか癒せないんだなあと思いました。

 

でも折角シャロンといい感じになったのに、店長のお誕生日パーティで

元カノスージーと再会、しかもヨリを戻したいと迫られキスまでされちゃって

そして運が悪いことにそれを丁度シャロンが目撃しちゃって、怒って二人の距離が一気に沖縄と北海道くらい離れちゃった時はかわいそうだった。

 

そのシーン見てた時はシャロンもっとベンの話聞いてあげたらいいのにって思ったけど、正直いい感じだった人が異性とキスしてる所なんて見たらそりゃもう顔も見たくなくなっちゃうなって。

 

結局そのあと、アルバイト仲間のイタズラ好き2人に騙されて有名な画家の所に自分の絵を持って行ったところ気に入ってもらえて個展を開いて、そこでシャロンを招待してきてくれた彼女と和解してハッピーエンド!だったからよかった。

 

最後は時間止めて二人だけの世界でキスして終わりました。

結ばれてよかった!これでベンも毎日安眠できるね!

 

1時間40分くらいの映画だったんですけど面白かったです。

久しぶりに映画見たけどあっという間でした。